射精の回数が増える・増加する方法

syasei

若いころや中高生の時は一日に何度もオナニーをして射精の回数が多かった人も多くいるのではないでしょうか。
しかし、年齢を重ねるにつれて徐々に性欲が衰えてきたり、体力が持たなかったりする男性もいらっしゃるのではないでしょうか。

データによると、日本人の既婚男性の1ヶ月あたりのセックスの回数はおおよそ2.6回だそうです。
性機能は使わないでいると、徐々に衰えていくものです。しかし、男性は性欲が仕事へのエネルギー源になったり、女性にモテることやかっこよく見せることが仕事を頑張れたりすることにつながるわけですから、性欲が衰えてきてしますと女性への意欲も薄くなり、結婚をしていたら夫婦での性生活も楽しくなくなってきてしまいます。
また、逆に性欲はあって射精も何回もしたいんだけれども、体力が持たないという悩みもあります。
若さを保つため、そして日々のエネルギーを保つためにも性の力は高いほうがいいですよね。
射精の回数を今よりも増やすにはどうすればいいのでしょうか。

人間の体は何もしないとどんどん衰えていく性質を持っています。
それは、普段使わない機能は特に重要ではないと体が判断し、自然に衰えていくという性質です。
それは筋肉に例えるとわかりやすいかもしれません。筋肉は使わないとどんどん衰えてきます。
歩かない生活をしていると足や腰の筋肉が衰えていきます。
これと同じで、性機能も使わないと衰えていきます。射精をしないとどんどん回数も減っていきますし、挙句の果てにはマスターベーションもしないというようなことになってきます。当然精子を作ったりする生殖器も弱ってきます。
そうするとどんどん性欲がなくなり、射精しなくなってしまいます。

そのため、射精は出来るだけ多くするのがいいのです。
射精の回数を増加させることによって精子が多く生成され、その精子を外に出したいという欲求が生まれます。

とはいってもどうしたら射精の回数を増やすことができるのでしょうか。
大切なことは無理なく射精の回数を増やしていくことです。自分の体の調子やサイクルを知って、無理なく射精回数を増やしていくのです。

気持ちよくないのに射精をするのはちょっと大変ですし、無理している感じが嫌になり、逆効果になりかねませんのでそこは無理をしないようにしましょう。

男性の性欲というのは、精子を射精したいう欲求と単純なホルモン状態や精神的な作用による興奮の2パターンがあります。

1パターン目について。
射精した直後は性欲がなくなります。それは精子を出したため体が満足するためです。
しかし、射精の回数を増やしたければ、ここである意味満足してはいけません。いけないこともないのですが、さすがに直後は難しいにしてもしばらくするとまた性欲が回復してくるようにしたいわけです。

ここでポイントになるのは、精子をためておく容量がどのくらいあるのか、どのくらいの期間でその容量はいっぱいになるのかということです。
自分の感度や性欲の回復具合はご自身でなんとなくわかるはずなので、ちょっと意識してみてください。

性欲がこれ以上高くならない、というときが精子をためておく容量がいっぱいということです。

もしくは、確かめる方法としては、精液の色や濃さを調べる方法です。
精液に含まれる精子が少ないとその分精液は水に近くなります。
恐らく1回目より2回目、2回目より3回目のほうが精液が薄くなっているかと思います。

この色や濃さを見ると、Maxで濃いときが恐らく精液の容量が満タンになっているということです。

そのため、自分の体の精子製造の期間に合わせて射精を行えば、どんどん新しい精子が作られて、それをすぐに射精して、そしてまた作られて・・・・・の繰り返しを行っていけば、段々と精子が作られるペースが速くなっていきます。

ただ2パターン目があります。
いくら精子が製造されても性欲が高まらないことがあります。
これはホルモン状態や性欲の精神的な欲求が起こってこない場合です。

これは精神的な影響が大きいです。例えばストレスや生活習慣の乱れ、疲れなどです。
この体内的な性欲のコントロールに一番効果があるのが精力剤です。
精力剤は体に悪いとか、怪しいなどというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、
当サイトで紹介している精力剤は継続的に使用することで精神状態の正常化やホルモン状態のバランスの正常化を助け、性欲も高めることができるため、気持ちよくセックスができるようになります。

また、射精の回数についても性欲が保てるため回数を増やすこともできます。
もちろん個人差もありますが、ご自身に合った精力剤を使えば必ずと言っていいほど射精の回数を増やすことができます。

この1パターン目と2パターン目が満たされると確実に射精の回数が増えます。

精力サプリメントの最新ランキングはコチラ⇒

クラチャイダム