ペニスが固くならない全ての人へ

ペニスが固くならない原因とは?

勃起をしてもどうもペニスが固くならない、そんな悩みを抱えている方は意外と多いです。
特に30を過ぎてくると急にペニスが固くならなくなってしまった、なんて話を良く聞きます。

その原因を見ていきましょう。

ペニスが固くならない原因その1 陰茎海綿体の血液が漏れている

陰茎海綿体の血液が漏れている

いきなり専門用語でなんだか怖い雰囲気がある原因ですが、
勃起というのはどうやって起きているかと言いますと、陰茎というところに血液が充満して、その血液がが止められるためにペニスが固くなって勃起するのです。

海綿体はその周りにある白膜というものに圧迫されており、それにより静脈が閉じられ、海綿体の内側の圧力が高まりペニスが固くなリます。

しかし、静脈がうまく機能しないと内側の圧力が高くならないため、ずに血液が海綿体から漏れだして固さがなくなってしまうのです

白膜組織は老化によって弾力性が失われて、十分に圧迫する事ができないためペニスの固さが足りなくなるのです。

ペニスが固くならない原因その2 性欲が弱い

性欲が弱いと当然のことながら、ペニスが勃起せず固くならないという現象が起きます。
性欲の低下は日々のストレスや食生活、ホルモンの影響など様々な原因があります。

また、性欲が低下するということはもう一つ残念なことが起きている可能性があります。
それは精子が減っていることです。

精子が減るとこれから子供を作ろうとしている方にとっては致命傷です。
実際、成人男性の精子の数は50年前と比較して約半分にもなってしまっているというデータが出ており、WHO(世界保健機関)のデータでは、精子の運動率も約25年前とと比較してこちらも約半分になっているとのことです。

ペニスが固くならないまま女性の膣に挿入すると、いわゆる中折れという現象がおきます。

その原因の一つが、男性ホルモンが低下したことによって、勃起を促進する中枢神経の機能が低下し、性欲も低下します。そしてペニスに流れる血液の量も低下することが原因で中折れが起きます。
これは主に30代を過ぎたあたりから顕著になります。

3.ペニスを固くする方法

ED治療薬

ペニスにしっかりと血液が流れて行っていないということであれば、当然ペニスは固くならないです。
その場合はしっかりとクリニックで見てもらったほうがいいでしょう。。

EDの薬としては、代表的なものですとバイアグラやレビトラ、シアリスなどが処方されます。
今はジェネリック医薬品もあるので昔よりは安く治療を受けられます。

しかし、ED治療薬の限界も同時にあります。

どういうことかと言いますと、
バイアグラなどはペニスへの血液流入のきっかけは与えることができないのです。
バイアグラとは、ペニスへの血流の通り道が閉じないようにするためのものです。

さらにバイアグラは副作用があります。
眠気や食欲不振などが主な副作用です。

また、目の充血や胸やけ、しゃっくりなどが起きます。

サプリメント(精力剤)

セックスの時にペニスが固くならないから病院に行くのもなんか違う気がしますし、おまけにバイアグラは副作用があるので、ではどうすればいいのでしょうか。

精力剤はバイアグラのように強くありません。
ただし、即効性があり長期的にもペニスの固さを改善するために非常に有効です。

一度試してみてください。

クラチャイダム