Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web08/4/9/0231294000/www.seiryoku-portal.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

なぜセックスレスに!?  その防止策は?

はじめに

ちかごろ、「セックスレス」という不自然な現象がひそひそささやかれています。

そこで次のことを見直すことにしましょう。

# セックスレスというカテゴリーはなにか
# セックスレスはなぜおこるのか
# セックスレスを防止する対策はありますか

これらについて順次、確かめていきましょう。

セックスレスとは!

このような「セックスレス」については、結婚して間もない若い夫婦だというのにセックスを拒否することが原因でわずか数ヵ月後には離婚するケースさえもあります。

それにしても「セックスレス」というカテゴリーの中身はどうでしょうか。
日本性科学会によれば、「決まった性的パートナーがいて、特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交、あるいはセクシャル・コンタクトが一か月以上なく、その後も同じ状態が長期にわたることが予想される場合」と定義されています。

いまや社会現象ともみられる「セックスレス」の正体を探ってみたくなりました。
そこで、このページでは、その正体を探ってから、なぜ、そのような現象が起こるのか、このような不自然な現象が起こらないような予防策はないのかについて、探ってみることにしましょう。

なぜセックスレスになったのか?

それでは、どのような原因によってセックスレスになってしまったのでしょうか。
いろいろ想定されますが、そのうち、いくつかをご紹介しましょう。

妻が「女」を自覚するようになってから、夫にも「男」を求めたいと強く思うようになってしまった。

結婚してからこれまで夫婦二人きりの生活の段階ではうまくいけたのに、子ができてからセックス関係が変わってしまったというケースがあります。
それまで恋愛の対象として見ていたパートナーが「パパ」・「ママ」に変わってしまった。
このため異性として見られなくなってしまい、セックスレスになるというわけです。

性がタブーになってしまった。

その人が厳格な家庭の育ちで性的なはなしは一切(いっさい)、禁じられた環境で成長し、やがて思春期に入り、性的な欲求が高まってセックスに興味を持つようになり、オナニーによる一人エッチをしたりすると、その自慰行為自体に「いけないことをしている」というような感覚になってしまうことが考えられます。これは感情的に見れば「罪悪感」ともいえましょう。そこでこの罪悪感が先行してセックスレスになってしまいます。

セックスレス状態のままでいるほうが精神的にラク

結婚した男女が互いに安定した精神状態になってゆくうちに、相互に人間としての関係がいっそう深まっていくのが望ましいことです。
はじめに恋愛してから結婚当初までは、肉体的結びつきをお互いに強く求めていたけれども、その後は徐々に精神的つながりに移行してゆくのが通例です。

そうなると「精神的な絆(きずな)だけで、じゅうぶん満足できる」という気持ちになってしまい、肉体的関係への欲求は薄れていくケースもあります。

男性がセックスレスになるストレス、プレッシャー

職場における 仕事のストレスやプレッシャーが男性に付きまといます。
これは、働きざかりの30代以上の男性によく見られる原因です。職場における仕事のことが頭から離れず、セックスをしようという気にはなれません。
そこでセックスレスになってしまいます。

めんどくさい

セックスをするためにはその下準備をしなければならないが、その下準備がめんどうくさいというふうに考える状態ではセックスレスになってしまいます。

高齢化して「もう歳だから」

中高年になると、ペニスが起ちあがらなくなるとか、性欲がなく、げんなりとして精力が減退するということもいわれています。

しかし、個人差はあるにしても、そんなことではいけません。

このような気持ちになったら、もう、おしまいです。

セックスレスを防止できるか!

それでは、このようなセックスレスに陥ることを防止することはできるでしょうか。
ひとくちにいえば、セックスレスに結びつくような原因を作出しない工夫をすれば
これを予防することができるはずです。

ここでは、いくつかの予防対策をご紹介していきましょう。

性的タブーを乗り越える努力をしましょう

セックスレスの要因として「セックスタブー」があげられます。
こういう性的なタブーを乗り越えていくときに感じるのはパートナーへの強い愛情です。
もしも嫌悪感が出てきているときには、なおさらパートナーには、いい感情を感じられないものです。
でも、時間をかけてその都度、向き合っていくうちに、やがてパートナーへの深い愛情がにじみ出てくることでしょう。
まず、パートナーへの奥深い愛情を燃え滾(たぎ)らせるようおすすめします。

性的なものへの嫌悪感を払拭しましょう

セックスレスの影に性的なものへの嫌悪感が潜んでいることがあります。
こうした性的嫌悪感を持っているときには、普段の生活の中でもネガティブな感情を抑圧しがちなのかもしれません。
たとえば、
「いい人にしてしまう」
「やりたいといって、嫌われることが怖い」
「やりたくても我慢(がまん)してしまう」
そんなパターンがあるとしたら、自分自身の気持ちに素直になってみるところからもアプローチしていきましょう。

そこで「嫌われるのが怖い」などネガティブな感情から目を背けるのではなく、ありのままに受け入れてゆくことをおすすめします。

別の言い方をすれば「ちょっとわがままかな」とか「ちょっと大胆かな」と思えるようなアクションをとると、結構、うまくいくようになります。

これは心理学的な予防対策としておすすめでききます。

もっとあからさまにいえば、男女とも、自分自身がセクシャリーテーな気分になってしまい、動物のような気分になりきって、男というよりは「オス」を抱く、女というよりは「メス」を抱きかかえる、という感じになりましょう。

要するに心理学のエリアで確立された法則を性生活にも活用するということです。

ストレス・プレッシャーを排除しましょう

男性がセックスレスになるストレス、プレッシャーが原因とみられるときにはどう予防したらよいでしょうか。
職場における 仕事のストレスやプレッシャーが男性につきまといます。 これは、働きざかりの30代以上の男性によく見られる原因です。
その職場における仕事のことが頭から離れず、セックスをしようという気にはなれません。そこでセックスレスになってしまうわけです。

ですからこのようなケースでは、それこそ心理学における、ストレスを溜めない法則や
襲い掛かるプレッシャーを排除する法則を活用することによって、セックスレスを防止することができます。

■まとめ

このようにセックスレス夫婦というのは、夫婦で共同生活をしていながら、長期間にわたってセックスをしないカップルのことだとわかりました。
仮にも、このようにセックスをしないままですと、肉体的側面では、ホルモンバランスも乱れがちになります。
そのうえ 精神的側面においても決して良いことではありません。
イライラしたり、怒りっぽくなったり、精神的に不安定な状態に陥ることにもなりかねませんから。ストレス解消の工夫をしましょう。
セックスレスになると「レススパイラル」に 落ちてしまうかもしれません。
そうならないためにもレス気味の方は これ以上、レス傾向が進行しないように、それなりの工夫をされるようおすすめします。
いまのところ、レス傾向がない方も、セックスレスに陥る可能性がある事項を見直し、さらには、ここにご紹介したような防止のテクニックを実行されて、セックスレスに陥らないようにして、愛するパートナーとともに、より芳醇(ほうじゅん)な性生活をエンジョイするようおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マカクラチャイダムゴールド
スポンサーリンク