Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web08/4/9/0231294000/www.seiryoku-portal.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

風俗や成功でC型肝炎になるか

C型肝炎の治療は、2015年半ばより大きく変動することとなるかもしれません。C型肝炎ウイルスには複数の種類がありますが、かつてインターフェロンによる治療が主流で、かつそれらの有効性があまりなく3~4割の患者しかウイルスを陰性とすることができないと言われていた日本のC型肝炎ですが、近年になり画期的な新薬が登場し、医薬品業界をにぎわせています。

またかつてのC型肝炎は、ウイルスが陽性で「キャリア」と呼ばれる状態であっても、特に肝臓の機能に障害が出るというわけでもなく健康に生活ができる、という状態の方が多くいると言われ、こういった方には積極的な治療の必要はなく肝庇護薬と呼ばれる「肝臓の機能を助けてあげる薬」を使うだけで問題ないという考えが主流でした。

しかしながら近年になり、同じような肝機能の数値を持っている患者であっても、肝炎ウイルスの陽性陰性によってその後の予後が大きく変わるのではないかという仮説が出てくるようになりました。

それらの治療に関わる新薬が続々と登場し、ウイルスの陰性化率が8割から高いものでは100%を達成するなど効果の高さも相まって、これまでインターフェロンの治療を受けて陰性化できなかった方、インフルエンザ様症状や間質性肺炎といったような副作用が多く発現するインターフェロン治療を行うことができなかった高齢者の肝炎患者など、今までできなかった治療を行うことができると期待を持たれています。

また、これらの薬剤の特徴の一つにとにかく薬価が高いということが挙げられます。物によっては、1錠あたり約6万円、1錠あたり約8万円、という薬品もあり、他の高額医薬品と比較しても内服薬としては群を抜いて高い医薬品として注目を集めました。

もちろん自費では到底払えるものではありませんので健康保険はもちろん、国からの助成制度もあります。患者の自己負担金額としては、個々の収入の状況などにもよりますがそこまで大きな負担がなく治療が受けられる制度が日本では確立していると言っても差し支えないでしょう。ただし、金額の大きさもあって一度きり、という制限がかけられています。

今後、C型肝炎の治療においてこれらの治療薬が無効となる肝炎ウイルスが出てこないとも限りません。その際には、かつての治療にあったような「現在の治療では、ウイルスを陰性化する治療はできない」ということにつながりかねません。

こういった薬は、その適正使用が耐性ウイルスの発現を防ぐためにとりわけ重要と言われています。医師の説明はもちろん、薬剤師や看護師といった医療関係者の説明をよく聞き、しっかりと適正使用していくということが、将来の日本を見た時に重要だと言えるのかもしれません。他の肝炎に比較して肝硬変や肝がんへの進行率が高いと言われているC型肝炎。徐々に段階を追って落ちて行く肝機能をどこかで止めたいという願いが、新たな治療薬の誕生につながっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マカクラチャイダムゴールド
スポンサーリンク