Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web08/4/9/0231294000/www.seiryoku-portal.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

経過が特徴的な梅毒の症状とその治療

性病として最も有名であったのが梅毒であり、性病の代名詞として使用されていたこともあります。現在では治療薬ができたことによって他の性病に比べると蔓延の程度は低下してきていますが、重症の症状に悩まされることが多いものであるため、十分な注意が必要な性病でしょう。

梅毒トレポネーマに対する細菌感染症であるというのが特徴であり、感染力の高さが古くからの流行の原因となっています。たった一度の性行為によって15%から30%程度の確率で感染すると言われており、淋菌感染症と並んで感染率が高いことが知られています。

感染経路は基本的には接触感染であり、粘膜や皮膚にある小さな傷から体液を介して広がるとされています。人によっては口腔内にも症状が出る場合があり、その場合にはオーラルセックスやキスによっても感染するリスクがあるということは理解しておかなければなりません。

梅毒には特徴的な症状の経過があります。潜伏期間が三週間程度あるのが特徴であり、その頃になると感染部位にしこりができます。硬くて痛みがないことが特徴であり、大きさもまちまちですが、これを見落とさないことが梅毒の治療においては重要になります。

この症状は一週間から三週間程度で消えてしまうことが多く、しばらくは無症状の時期が続くのが一般的です。その後、感染から十二週間前後になって全身に発疹や赤いあざのような模様ができ、発熱を伴って大きな自覚症状が生じます。

この際には病変が感染部位にとどまらずに全身にわたることが特徴であり、顔や手足、手のひらに至るまで広がります。また、全身の毛が脱毛するという症状が生じることもしばしばあります。そして、この症状が数ヶ月から3年程度続きますが、再び無症状になります。

そして、3年程度経過した頃になってゴム腫と呼ばれる梅毒に特徴的なしこりが生じるようになり、次第に全身に様々な形で炎症などが生じるという経過を取ります。そのまま放置してしまうと死に至る可能性もある病気です。

しかし、初期のしこりや全身の発疹に気づいた時点で治療を始めればそれほど重症になるリスクはありません。進行が極めて遅いことから、懸念を感じたらすぐに検査を行って抗生物質による治療を行うことで以後は心配のない生活をしていくことができるでしょう。

ただし、気をつけなければならないのが検査の時期です。症状があるとき以外には検査が陰性になることがあります。そのため、症状を見ながら検査の行い方を考え、もし緩解してしまっているのであれば時期を見て症状が出たタイミングで検査を行うと確実です。

しかし、懸念がある場合には医師に相談して梅毒を疑い、ペニシリン系の抗生物質を処方してもらって治療に努めるのが賢明であると言えるでしょう。経口の抗生物質で治療できることがほとんどであり、一ヶ月から二ヶ月程度の抗生物質による治療を行っていけば完治することができるというのが一般的です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マカクラチャイダムゴールド
スポンサーリンク