Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web08/4/9/0231294000/www.seiryoku-portal.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

不倫を長続きさせている人が徹底している6つのルール!?

はじめに

不倫をしてみたいという気持ちは、だれにでも、そのハートのうちに潜んでいるものです。
ただそれを実現すると、いろいろな悩みが併発(へいはつ)されてきます。彼女との不倫がバレルかもしれない。不倫がバレたら事情によっては離婚問題になるかもしれない。
そうなれば今の幸せな家庭は崩壊してしまう。

かといって彼女と別れたくはない。いつ彼女が離れてしまうかもわからない。
彼女との不倫を長続きさせるためにはどうしたらよいか。
それに不倫がバレないようにするにはどうすればよいか。
彼女との不倫をやめたら、性的な快感を満喫することが困難になってしまう。
彼女とのセックスの味は、妻よりも彼女のほうが遥かにレベルも高い。
その彼女に逃げられないように工夫をしなければならない。

このようなお気持ち、よくわかります。
その悩みを解決するテクニックを探ってみましょう。
それをうまく解決すれば、彼女との芳醇な性生活をエンジョイできるでしょう。

6つのルール

秘密

それでは、折角めぐり合って不倫に陥ってしまった性愛の関係を長続きさせるにはどうしたらよいでしょうか。

ここでは、その不倫による性愛を長続きさせる人たちが守っている6つのルールをご紹介しましょう。

①不倫が発覚されないような工夫をしましょう。

このような不倫が発覚されると、それを長続きさせることは無理になります。
ですから不倫が発覚されはしないかと悩みます。

そこで不倫が発覚されないように、まず二人並んで写真を撮影しないようおすすめします。

そして、スマホ・ネットでも、つなぎをとらないようにしましょう。
それができないときにはメッセージは送信しても受信してもすぐ消去するといったルールを決めて、相互にこれを実行することを徹底するようにしましょう。

このような対処を徹底すれば不倫がバレないから長続きできます。
二人

②あまり頻繁(ひんぱん)に会わないようにしましょう

できれば頻繁に会いたいと悩むことでしょう。

しかし、しょっちゅう会っているとまわりから不審に思われることもあります。
いつも職場からまっすぐ帰宅していた人が、サービス残業とか出張が多くなるのは不自然とみられてしまいます。
とりわけ女性は、夫の行動の変化に敏感だということを忘れてはなりません。
不倫を長続きさせるためには頻繁に会わないで我慢することがたいせつです。

③会うときは遠くの場所で現地に集合し、現地で別れましょう。

不倫の現場を目撃されはしないかと悩みます。

そこで不倫の現場を目撃されないために、いつもの生活範囲の外で会うようにしたほうが目撃されないため安全です。
これでバレないようにすることをおすすめします。
これも不倫を長く続けさせるためのコツです。

④別れるときは次に会う日時を決めておきましょう

この次はいつ会うことができるか悩みます。

そこで別れるときはこの次に会う日を決めておけば、あとで電話やメールで連絡しなくても済みますから、秘密がバレませんし、その相手と相互に連絡をとりあうリスクも避けられますから不倫も長く続くことでしょう。

shutterstock_257744731

⑤エッチとは別のメンタルな人間関係を築くようにしましょう

いつの日か気が変わって逃げられはしないかと悩むこともあるでしょう。
どうしたらその悩みは解消されるでしょうか。

なんといっても不倫の最大の魅力(みりょく)は、妻とか夫以外の異性と性愛関係に浸ることでしょう。
とりわけ男性は、女の肉体が欲しくて不倫するのがほとんどでしょう。
しかし性愛のエッチだけでは不倫も長続きしません。
「あたし、あなただけよ」という気持ちに導入するような精神的な絆を結ぶことをおすすめします。互いに人生観とか価値観まで共通する人間関係をつくりましょう。

このようなメンタルな人間関係を形成できれば不倫も美しい姿になり、逃げられないで長続きします。

⑥罪悪感は捨てきりましょう

不倫は罪を犯すことにならないかと悩むかもしれません。

そもそも不倫は、道徳的には非難されるアクションですが、法的には、特段の事由がある
ときに離婚原因になるだけで、処罰されることはありません。

そうだとすれば不倫において罪悪感を捨てることにしましょう。
罪悪感に拘ると不倫は長くつづきません。

ハイレベルの性技術を!

shutterstock_345418154
ここにご紹介してきた6つのルールは、不倫をいつまでも長引かせるテクニックとしてたいせつですが、なんといっても不倫はパートナーとのいつもの性感とは味のちがった性感度を愉しむための性的な行動ですから、ハイレベルの性感度を与えあうことが中心となります。

そこで、そのハイレベルの性感度を醸(かも)しだせるようなアクションの技術をご紹介しておきましょう。

ワンステップ:前戯行為

不倫の当事者は、ふたりそろって入浴して、双方とも下半身からペニスやバギナなど性器を清潔にしましょう。
脱衣の仕方もちょっとエッチな脱ぎ方を工夫して気分を盛り上げるようおすすめします。

ベッドにはいったら、女性は仰向けに寝ます。
男性は両膝で体重を支え、女の髪の毛から愛撫にはいります。愛撫の手は、耳朶から首筋、に移してゆきます。耳穴は舌で愛撫します。
そして愛撫の手は、女の脇の下、乳房へとすすみ、乳首は舌で舐めるとか、軽く歯で噛(か)むのもよいでしょう。これを「甘噛」といいます。
愛撫の手は脇腹へとすすみ、やがて下半身へと移してゆきます。内股から脛(すね)、足裏、足指の間ときめ細かく愛撫してゆきます。

ここまで愛撫されると女の膣のクリトリスは男のペニスのように膨張して愛液が滲みでてくるはずです。
男のペニスも膨張してその亀頭部にはカウバー腺から分泌された愛液で潤滑(じゅんかつ)になっていることでしょう。
ここではじめて女を抱き締め、キスをします。

ツーステップ:セックス本番

男は膨張したペニスを女性のバギナに挿入してピストン運動にはいります。女性もこれに対応して腰を使い上下運動をしていきます。
ふたりとも性感度が急上昇して女は膣が痙攣(けいれん)して唸ります。
男性もペニスの亀頭部の尿道から精液を噴射して女性のうえにのめりこみます。

スリーステップ:後戯行為

男性は女性の髪の毛や背中や腕を撫でてゆきます。
ごくろうさんと慰めてあげるのです。
まだ全身に性感が残っています。

まとめ

このようにみてきた結果として、不倫は道徳的には非難されるかもしれませんが、それは犯罪行為ではなく、現代人が原始人に立ち返ったように、動物なみによりよい味わいを求めて家庭におけるパートナーとは別の異性と性行為をエンジョイする行為だと見直すことができました。

この地球上で出会った男女ですから、その出会いをたいせつにしましょう。
ただ不倫が原因で平和な家庭が崩壊してしまうとか、親子が離散してばらばらになるような不幸だけは避けなければなりません。

そこでご紹介したような手法によって、不倫がバレないような工夫をするとともに、この男女関係が長くつづくようにコントロールされることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マカクラチャイダムゴールド
スポンサーリンク