ペニスの中折れ防止・対策は?確実に治す方法

db428e6e60e868f6d74edaa4129dbd82_s

中折れの原因と防止対策についてご紹介します。

中折れの原因は何?

ペニスの中折れの原因はいくつか考えられるのですが、主な原因として男性ホルモンの低下があげられます。

年齢が40を超えてくると更年期障害などの影響により男性ホルモンが低下します。
また最近では20代30代でもそのような現象がしばしば体内で起きています。
・なぜか疲れやすくなった
・体力が落ちた気がする
・性欲が弱くなった
・眠れない
・疲れやすくなる
・イライラする
・動悸を感じる
などの感覚が出てきたら更年期障害の可能性があります。

また、
・活力の減退
・体力不足
・うつやストレスを感じる
・自律神経失調
・うつ病の際に服用する治療薬の副作用
・動脈硬化や高血圧、糖尿病などの治療薬の副作用
・臓器の疾患によるもの
があります。

臓器が悪い場合はまずその臓器を医者に診てもらうことが先決ですが、神経系や、血液、血管の問題に精力剤や血流を強くする勃起改善薬が効果的です。

活力や精力を高めるための精力剤は定期的に服用していると、
徐々に飲まなくても元気になってくるという効果もあるので、
ご自身に合う精力剤を選んで試してみていただければと思います。

また、更年期障害はよく女性のものとして聞きますが男性の場合もよく起きるのです。
女性との違いは、ペニスが中折れするなど勃起不全(ED)などとも言われ精力減退の兆候が出てきたりします。

そもそも中折れとは、性行為をしている最中に女性の膣の中でペニスが中折れを起こすことを言いますので、その原因は性欲減退からペニスが固さを保てず萎えてしまうことが原因ですよね。

そしてペニスの中折れの背後には、生活習慣の悪循環、特にメタボになっている場合があります。
中折れが起きる原因として、糖尿病、や肥満、高血圧、喫煙などが原因としてあげられます。
いわゆる動脈硬化を引き起こす病気が血流を悪化させ、結果、中折れにつながってしまうのです。

じゃあペニスの中折れ対策・防止法は?

中長期的な中折れ防止対策

そのため、中長期的には、まずは生活習慣を整えることから始めるのがいいでしょう。
具体的には規則正しい生活をして、なるべく身体に悪いものは食べない、定期的に運動をするなどです。

そして、勃起力に深く関わっている筋肉は「骨盤底筋群」という部分です。
骨盤底筋群とは、膀胱などの部分の内臓を支えている筋肉のことです。
具体的には、「尿道括約筋」「尾骨筋」「深会陰横筋」「肛門挙筋」という筋肉のことです。

勃起している状態を保つには、ペニスに流れ込んだ血液を外に出て行かないようにすることが大事です。その際に、ペニスの根元を締め付けるような感じで血液が流れ出て行ってしまうのを防止するのが骨盤底筋群になります。

なので、骨盤底筋群を鍛えることによって中折れを防止し改善することができる可能性があります。

骨盤底筋群はどのように鍛えればいいのでしょうか?もちろんランキングや腹筋背筋を鍛えることも有効ですが、一番ピンポイントは「スクワット」です。
スクワットは内転筋が鍛えられるのですが、内転筋は骨盤底筋群と密接に連携しているので、一緒に鍛えることができます。

いきなり行うと痛めてしまうので、最初は無理をせず10回ほど行って、その後徐々に回数を増やしていくのがいいかと思います。

スクワットは筋力を鍛えるのはもちろんですが、骨盤内の血行を促す効果も同時にあります。
中折れの原因の一つが、血行が悪くなっており、骨盤の中の血流が悪くなっていることがありますので、そういう意味でもスクワットは効果があります。

短期的な中折れ防止対策

根本的には中長期的に血流を良くしていくことは大事ですが、短期的に回復させたい場合もあるかと思います。
その場合一番効果が高いのは、精力剤や強精剤を使用することです。

精力剤は体に必要な栄養素や元気になるための成分が含まれているので、性機能を回復させてくれます。
さらに男性ホルモンの分泌を促す成分も入っているので、こちらも中折れ防止になります。

また精力剤は、中長期的な回復も助けますので、中長期的な中折れ防止対策と短期的な中折れ防止対策を行っていくことが一番の中折れを改善させる方法です。

クラチャイダム