Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web08/4/9/0231294000/www.seiryoku-portal.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

年齢に勝つ!1分半で出来る加齢で勃起不全にならない方法

年齢に勝つ!1分半で出来る加齢で勃起不全にならない方法

「俺も歳だな……」と最近あなたが感じたなら、危険信号です。
もしかして、こんな症状起きていませんか?

☑頭痛がするようになった

☑なんでもない時に動悸がする

☑手足が冷えるようになった

☑動いてないのに体がだるい

☑すぐイライラするようになった

☑このごろ便秘気味

☑よく眠れない

どれか一つ当てはまるなら、加齢によって自律神経が乱れています。
実は、年齢が増すごとに勃起不全のリスクが高まる原因は、すり減った自律神経にあったのです。

加齢

自律神経が乱れる

勃起不全

自律神経の病気があなたの勃起不全につながる原因を説明します。
そして、年齢に負けない1日1分半でいいカンタンな解決方法をお伝えします。

加齢で勃起不全になる原因

加齢で勃起不全

まず、勃起不全になる原因は大きく3つの言葉で分類されています。
その全てに、年齢による自律神経の乱れが深く関わっています。

①心因性勃起不全

②器質性勃起不全

③混合性勃起不全

心因性とは、文字通り心理的な現象が原因になっている勃起不全です。
年齢を重ねるごとに、男としての性能力は落ちていきます。
男性ホルモンがどんどん減っていくからです。
それによって、女性やパートナーを前にしても中折れしたり勃たないケースが増えてきます。

すると、その失敗体験が忘れられずセックスすることに恐怖を覚えます。
「また失敗するんじゃないか」と不安を感じ、自信の性器に劣等感を覚えてしまいます。
これこそ、加齢による心因性勃起不全の原因です。

器質性は、心因性とは逆に物理的な現象で起きる勃起不全です。
加齢による代表的な器質性勃起不全の原因は、動脈硬化です。
年齢を重ねるごとに体中が酸化していきます。
鉄と同じで、活性酸素により体が錆びるのです。

若い時は抗酸化力があるため酸化を防いでいます。
しかし、年齢により活性酸素の量が増え、抗酸化力は落ちていきます。
するとペニスの血管もやせ細り、血が回らなくなるのです。
これが、加齢による器質性勃起不全です。

混合性勃起不全は、心因性と器質性の2つが原因になっている場合です。
より深刻な症状です。
若い人だとどちらか一方の場合が多いです。
しかし、年齢の増加によって混合性勃起不全は発生しやすくなります。

ここまで、加齢による老化現象によって勃起不全が発症することが分かりました。
それでは一体どうすればいいのでしょうか?

加齢による勃起不全の解決方法

年齢に負けない

年齢と自律神経は密接に関わっています。
加齢によって自律神経は乱れますし、自律神経の乱れによって老化は進みます。

加齢

自律神経が乱れる

老化現象

自律神経が乱れる

……

悪循環です。
この悪循環をどこかで止めれば解決します。

自律神経を自己治癒すればいいのです。

具体的には、副交感神経をリラックスさせるのです。
まずは、自律神経について簡単にご説明します。

自律神経の重要性

加齢の人

心身のバランスは全て自律神経によって左右される、と言えるくらい自律神経は重要です。
自律神経は、自分の意思ではコントロールできません。
勝手に動いているので「自律」と言います。
自律神経は2種類あります。

①交感神経

②副交感神経

年齢を重ねるほどに、2つのバランスを保つことが極めて重要です。

交感神経は昼の神経と呼ばれています。
交感神経は、仕事やスポーツといったアクティブに活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときに働きます。
また「闘争と逃走」の神経とも呼ばれています。

原始時代、人間が野獣と出会ったら闘うか逃げるかの2択しかなかったわけです。
その追い込まれた状況で、最大限に自分の力を出すためには興奮する必要があります。
心拍数が上がり筋肉が動くようになります。
血管が縮こまり出血を抑えるようになります。
大便や小便といった排泄欲求はなくなります。
これが交感神経の働きです。

交感神経が働くとき

では、現代に置き換えるとどうなるでしょうか?
仕事で上司という野獣に呼び出されます。
「また怒られる……」
絶体絶命です。
頭はフル回転し始め、ストレスはたまり、緊張状態になります。
また、上司の説教中にトイレに行くわけにはいきません。
交感神経が働いていますよね。

では、今度は副交感神経です。
副交感神経は、逆に夜の神経と言われています。
リラックスしている時に働きます。
眠っている時、お風呂に入っている時、音楽を聴いている時、食事をしている時です。

ここからが重要です。
加齢によって交感神経がどんどん優位になってきます。
イライラしたり、眠れなくなったり、胸がドキドキしやすくなります。
いつも血管が縮こまるようになり、血流が悪くなってしまいます。
そうすると、勃起に必要な血液がペニスに行かなくなるのです。
これが、年齢により自律神経が乱れて勃起不全になる原因です。

呼吸法を1分半やれば治療できる

深呼吸

あなたの自律神経は今、加齢により交感神経が副交感神経よりも優位になってしまっています。
解決するには、副交感神経を働かせてバランスを保つ必要があります。
そこで、1日1分半の呼吸法で副交感神経を働かせるやり方をご紹介します。

①目を閉じてリラックスできる姿勢で座ります

②お腹に両手をあてて、ゆっくり息を吸い込みます。
お腹がふくらんでいくのが分かりますか?

③今度はゆっくり吐いていきます。
これ以上吐けないくらい息を出します。
お腹がぺしゃんこになりました。

これを10回繰り返します。
1回あたり15秒くらいなので、10回×15秒=1分半で終わります。
簡単ですよね。
ポイントは、息を最後まで吐き出すことです。
そうすることで、横隔膜が刺激されます。

横隔膜には、自律神経がたくさん集まっています。
なので、この呼吸法によって副交感神経が優位になるのです。
睡眠中、ゆっくり呼吸してお腹が動いていますよね?
リラックスしているのには、こんな理由があったのです。

さいごに

夫婦

ここまで、勃起不全になる理由は加齢による自律神経の乱れだとご説明しました。
そして、自律神経の乱れを治すには、副交感神経を優位にする呼吸法が大切だとご紹介しました。

ただ、勘違いしないで欲しいことが1点あります。
副交感神経を優位にしようと、眠り過ぎたり、お風呂にずっと入っていたり、ひたすら呼吸法を繰り返すといった行為はしないで欲しいのです。

なぜなら、今度は副交感神経の方が優位になってバランスが崩れるからです。
あくまで、2つのバランスを保つことが年齢による勃起不全の解決につながるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マカクラチャイダムゴールド
スポンサーリンク