Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web08/4/9/0231294000/www.seiryoku-portal.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

性器・勃起の研究! 勃起のメカニズムは?

shutterstock_226060828

はじめに

男性のペニスなど「性器の勃起」について次のことを学びましょう。

・勃起はどんな現象か・女性にも勃起は起こるか

・性器はどのようなメカニズムによって勃起するのか

・ペニスの「勃起機能障害」を改善できるか

ここでは、これらの中味についてご紹介していきます。

それでは、ちょっとエッチなことになりますが、両股を開いて下半身に触ってみてください。ペニスに手が触れると快感が走るはずです。

ペニスの「亀頭部」に指が触れるともっと快感が強くなります。

その右手でキンタマと呼ばれる「陰嚢(いんのう)」をソフトに掴んでみましょう。

さらに別の味わいがする快感が全身を通り抜けることでしょう。

このような体験からみても「ペニス」が男であることを証明する性的な器官だと、再認識されます。

そしてペニスを刺激すると快感が走って膨張し勃起現象が起こります。どんな仕組みによって勃起するのか。勃起させるための性的な技術はあるのか。

仮に、自分のペニスが「勃起機能障害」に陥ってしまったときには、これを治癒できるか。

これらについて見直してみることにしましょう。

性器の勃起とはなにか?

ペニスの勃起とは!

ここに「勃起」とは、男性の「外性器」といわれる「ペニス」が俄(にわ)かに勢いよく起きあがり、膨らんで硬くなり、性交ができる状態になる性的な現象をいいます。

この状態になった陰茎を「ファルス」といい、普通の状態の「ペニス」と区別します。

つまり膨らんだ状態のペニスを「ファルス」と呼ぶわけです。

これを俗語では「立つ」とか「ぴんぴんになる」といいます。

この性的な現象は、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、イメージなどから送られてくる「性的刺激」によって性的に興奮(こうふん)された状態の情報が神経により脳に伝達されて「大脳性刺激」となって、それが「間脳勃起中枢」を介して「脊髄勃起中枢」に作用してペニスが勃起することです。

これが「中枢性勃起」といわれるものです。

このような勃起のほか、「反射性勃起」いう勃起現象もあります。

これは「性的興奮」を伴わないで生起される勃起をいい「中枢性勃起」と区別されます。

クリトリスも勃起するか!

このような「ペニス」勃起とは違って、女性にも「勃起」という現象はあるのでしょうか。

結論からすれば、女性の「クリトリス」も、男性の「ペニス」とおなじように勃起が起こるのです。発生学的見地からすれは、女性の「クリトリス(陰核)」は男性の「ペニス」に相当するものといいますから、ペニスが勃起する以上、クリトリスが勃起してもおかしくはありません。

女性が性的に興奮してくると、「陰核亀頭」が膨張してきて「陰核包皮」からわずかに露出することがあります。

これはクリトリスが勃起してきた証拠になります。

ただ、これについては、個人差がありますので、クリトリスが勃起しない女性もあります。

このケースでは、「陰核包皮」から陰核亀頭が露出することもありません。

女性には、「乳房が勃起」する現象がみられます。

これは女性特有の現象ですが、男性でも強く刺激を継続すれば乳首もやや硬くなります。

「朝立ち」とは?

このような「性的な要因」以外の勃起もあります。

たとえばバスや電車など乗り物による振動や摩擦などによっても勃起します。

朝になって目が覚めたときにペニスが勃起していることがあります。

これを「朝立ち」といいます。

ペニスだけではなく、クリトリスも「朝立ち」するという研究報告もあります。

なぜ朝立ちするのか、その理由は明らかではありません。

ペニスが勃起するメカニズを確かめよう!

勃起の必要性

そもそもペニスは柔軟で男性の股間に垂れさがっています。

しかし、このような柔軟な状態ではペニスを膣に挿入することは無理でしょう。

そこでバギナへの挿入ができるようにするためには、ペニスを勃起させなければなりません。

ペニスが勃起するメカニズムは?

このようにペニスが大きいく膨張して勃起(ぼっき)してくるメカニズムはどうでしょうか。

男性のペニスの勃起はペニス内部の「海綿体」に血液が流入され、その血液が滞留するとともに、血液を排出する静脈が調節され、内部の圧力が上昇することによって生起されます。

このようにペニスの勃起はペニス内圧の上昇によって生起されるので、伸縮性のあるペニスは内圧の高まりによって、勃起していないときよりも太く膨らむわけです。

普段の血圧では、ペニス内部構造の関係で鬱血(うっけつ)しないような仕組みになっているため、ペニス内部に鬱血させるためには、その内圧を上昇させなければならないのです。

そもそも人間は視覚、聴覚、触覚、嗅覚などのほか「イメージ」によっても「性的刺激」を受けるのです。

この刺激は神経により脳に伝達されます。

こうして生起した「大脳性刺激」は「間脳勃起中枢」を介して「脊髄勃起中枢」に作用して血液がペニス内部の「海綿体」に流入され、ペニス内部の血液量は増加して膨らみ勃起してくるというメカニズムになっています。

ペニスが勃起したときは「動脈・静脈の吻合(ふんごう)」は閉塞され、「動脈血」の血流はペニス内部の「海綿体」に流入します。するとペニスは鬱血により膨らんできます。

そして「陰茎海綿体」からの流出静脈もその内腔を閉塞して、「海綿体」からの血液の流出を阻止します。

このようなメカニズムによってペニスの勃起状態が保たれて性交ができるわけです。

このようなペニスの勃起によってセックス本番の準備が整うことになったわけです。

こうしたメカニズムによって勃起したペニスの大きさは、長さは12cmから13cmに伸び、その直径は3cmから5cmに膨張します。

ただ、このような勃起したときのペニスの大きさには個人差があります。

勃起したときのペニスの長さが4cm以上であれば、セックスに支障がないという研究成果が発表されています。

「勃起機能障害」を改善できるか!

勃起の条件は?

このようにペニスが勃起するためには、

・ペニスに充分に血液が送り込まれること

・送り込まれた血液を「海綿体」に留めおくための静脈の調整が正常に機能すること

という2つの条件が必要となります。

これらの条件が欠如すると「勃起機能障害」が起こります。

「勃起機能障害」とは?

この「勃起機能障害」は、ペニスが勃起しないか、または勃起してもその勃起状態を維持することができない状態をいいます。

このカテゴリーは正式には「勃起機能不全(ED)」といいます。

この「ED」は「性機能障害」とは異なるカテゴリーです。

およそ性行為が完遂するためには、「性欲」の昂進により性器が「勃起」し、性交による射精がなされ、「オーガズム」に達するというプロセスをとります。これらのいずれかに障害が起こると性行為は困難となります。これが「性機能障害」の問題です。

これに対し「ED」はそのプロセスのなかの「勃起」についてのはなしになるのです。

「EDの類型」は?

この「ED」には、いくつかの類型があります。

機能的勃起障害

これには「心因性勃起障害」および「精神病性勃起障害」があります。

器質的勃起障害

これには「陰茎性勃起障害」とか中枢神経・脊髄神経・抹消神経などの「神経性勃起障害」および「血管性勃起障害」、「内分泌性勃起障害」があります。

混合型勃起障害

これには糖尿病、腎不全、泌尿器的疾患、外傷・手術、などによるものがあります。

さらには、薬物とか脳幹機能障害などによるものがあります。

「ED」の治療・改善は?

このような「ED」を治療して改善することはできるでしょうか。

これには次のような対策があります。

薬物療法

バイアグラなどの内服治療薬を投与するとか、直接に薬剤を注入することもあります。

勃起補助器具使用法

コックリング

これはペニスの根元を締め付け、常時、ペニスを勃起させたままにする器具です。

この器具はエラストマーで造られ、ペニスを軽く締め付けて勃起した状態を維持します。

簡単な構造のものとしては「コンドーム脱落防止リング」が市販されています。

勃起補助ポンプ

これはガラスやプラスチック製の「円筒」にペニスを挿入し、ポンプで円筒内の空気を抜いてペニスに負担をかけて血流の流入を増加させてペニスを勃起さる手法です。

このほか「プロスシテーセス手術法」とか「心理療法」もあります。

まとめ

このようにみてきた結果として、ペニスの「海綿体」がペニスの勃起に深くかかわっていることが判明しました。

そのメカニズムは専門的な話になって、わかりにくいかもしれませんが、「海綿体」に動脈からの血液を送り込み、静脈が収縮して造った「堤」でこれを堰き止めるからペニスが勃起するのだということはおわかりでしょう。

そのうえ、勃起がうまくいかない「勃起障害」という現象もわかり、その「改善策」も確かめました。

このような知識を活用して芳醇(ほうじゅん)な性生活をおくられるようおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マカクラチャイダムゴールド
スポンサーリンク