男の悩みを解決する精力ポータルサイト

精力を回復するには?

illust1447_thumb精力減退や男にとってちょっと残念な状況ですよね。
改善する方法はいくつかあります。

その中でも一番効果に即効性があり、高い効果を発揮するのが精力剤です。精力剤についてまず見ていきましょう。

精力を高める精力剤とは?

世の中にED治療薬がたくさん出回って来たのに、どうして「精力剤」がこれ程人気があるのでしょうか?
それは、薬には副作用があるからです。動悸など身体的な副作用の他にもいくつか問題点はあり、自分で勃起状態をコントロールするのが難しい事などが挙げられます。

4141c6d4302268b0b1b7f28d6b729621_s
例えば、ED治療薬の代名詞と言えばバイアグラです。バイアグラは、発売されて10年もの年月が経ち、特許も切れたので、今後はますますジェネリック薬が出て来るでしょう。

しかし、まだまだ薬の値段が高価なため、インターネット上で安易に中国製などの偽物を買ってしまい、健康被害にあってしまう危険性があります。
また、バイアグラを使用すると、必要以上に勃起してしまい、何時間も勃ちっぱなしだったり、射精時に精子が出ない状態になることもあるそうです。

さらに、バイアグラではED(勃起不全)は治りません。そのため、結局のところ、ED治療薬のバイアグラでは勃起不全は治らず、セックスの度に飲み続ける必要性が出てくるのです。

バイアグラは身体が調子が良くない時でも勃起をさせてしまい、そのようなときには非常に体に悪影響を及ぼします。

要するに、勃起不全や精力減退、中折れなどの状態になっているペニスを無理やりバイアグラで勃起させても改善はされません。

そこで、体質改善や体に栄養もしっかりと取り入れていく精力剤が人気を集めています。

本当に良い精力剤というのは、必要な栄養補助食品としても捉えることができるのです。
当サイトで紹介している精力剤は精力増強はもちろん、勃起不全や性欲減退にもしっかり効きます。

最初は行為の前に飲んだり、1日前に飲んだりして即効性を確かめながら飲み始め、体の調子も良くなり、性欲も回復してきたら普段から飲んでも問題ありません。

それは、精力剤に入っているアルギニンはという成分は成人病や生活習慣病の予防や改善にいい影響を与えるからです。また、血流を良くして新陳代謝を助ける効果があるので、普通の健康を維持するためにも使えます。

精力剤の成分について

精力剤の成分を紹介する前に、まず精力剤は医薬品と漢方系のものがあります。
医薬品はいわゆる薬で、医師や薬剤師から処方される必要がありますものです。

また、バイアグラのジェネリック薬も出始めているのですが、上記でも紹介した通り、バイアグラはあくまでも薬で、さらに一時的なものでしかないため、処方され続けなければなりません。

漢方系は、近年研究が進み、副作用や体に悪影響がなく、さらに医薬品よりも効き、おまけに健康にいいということで人気急上昇中です。
漢方系の精力剤の中には栄養補助食品として使えるものもあるので、気軽に使用できます。

改めて成分を比較してみます。

精力剤の成分(医薬品)
メチルテストステロン、テストステロン、ヨヒンビン、ストリキニーネ、ジゾノールなど

精力剤の成分(漢方等)
マカ、スッポン、ニンニク、高麗人参(朝鮮人参)、オットセイ、マムシ、サソリ、亜鉛など

近年では、医薬品系の精力増強剤は副作用の懸念もあり人気が落ちてきており、効果も懐疑的なものが多くなっています。

当サイトでは、漢方系の精力剤をご紹介しています。
実際の使用者の口コミやレビューをまとめ、分析したものなので、安心してご自身に合った精力増強剤を選んでいただければと思います。

勃起不全(ED)や性欲減退の原因は心因性の場合も

勃起不全はいわゆる「ED」とも言われており、専門のクリニックもあるくらいいわば一般的になってきていますが、正直自分がこのEDかもしれないとなると、精神的ショックを受ける方も多くいらっしゃいます。

中には恥ずかしいと感じ、病院に行かないケース、または精力剤もちょっとした偏見があり使用しない男性もいらっしゃいます。。

EDの原因はいくつかあり、詳しくは他のページで紹介していますが、大きく分けて成人病など物理的な病気の場合と心因性(精神的なもの)の場合と有ります。
最近は特に心因性の原因のEDが増えており、しかし治すためのアクションを起こしている人が少ないです。

心因性とは例えば、
・職場でのストレス
・人間関係
・仕事が忙しすぎる

などでうまくストレスが発散できていない時に起こる場合があります。

このような原因で精力が減退してしまったり勃起不全に陥ってしまったり、性欲が減退したりします。

また、これらの症状は再発しやすい症状でもありますが、これらは、
・精力剤を服用する
・クリニックに行く
ことで解決できます。

よくインターネットでは、自分独力で精力の減退、EDの改善方法などが紹介されていますが、基本的に効果があまりないか一時的なもののため、しっかりと精力剤もしくは専門のクリニックに診てもらうのが一番早いですし、根本的な解消になります。

精力剤の選び方

もし、いきなりクリニックに行くのが抵抗がある、もしくはそこまで症状としては重くないと感じている男性は、まずは精力剤を使用してみることをおすすめします。

精力剤で性欲の慢性的な減退や勃起不全が治った方も多くいますので、重症でない方はまずは精力剤から試してみるのがいいかもしれません。

精力剤といっても色々と有りますが、基本的に当サイトで紹介しているものは、一定の厳正な基準をクリアし、さらに利用者の口コミやレビューをあつめ、副作用などの有無も全てヒアリングし、安心安全で効果があるもののみを紹介しています。

その中で、ご自身がいいと思う精力剤を選んでいただければと思うのですが、
1.配合されている成分を確認
2.成分の分量と効果を確認
を確認して見て頂ければと思います。

ただし、正直成分だけ見てもよくわからないという方もいらっしゃると思います。
その場合は、ランキングに入っている精力剤の中から選べばまず問題ありません。

精力剤の効果的な使用法

仕事などの疲れや加齢などにより、精力が徐々に衰えていることを感じる男性は多いのではないでしょうか。

また、若いころは行為を行い頻度も今より多く、楽しめたという方も多くいますよね?疲労もそれなりにたまり、なかなか回復しないという男性もいます。

精力剤を使用する際に最も効果を出す方法は、「運動を行い、筋肉を鍛えること」です。
筋肉を鍛えることにより体の新陳代謝をよくし、血流の流れを良くします。
そこで精力剤を飲んでいると、当サイト【精力総合ラボ】で紹介している精力剤は栄養も取れますし、スタミナも上がります。
最初は一時的な効果しか現れないかもしれませんが、何度も精力剤を使っているうちにどんどん体力が回復し、性欲も戻り、精力増強されていきます。

精力のつく食べ物は?

精力剤と一緒にぜひ取って頂きたい食べ物をピックアップしました。
男性ホルモンに作用する亜鉛や勃起不全の解消、精子生成に作用するビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる食べ物です。

1.レバー
rebaレバーはスタミナがつくということはもうご存知の方も多いと思います。精力回復に効果抜群で、ミネラルや亜鉛がたくさん含まれています。

2.アスパラ
asuparaアスパラは亜鉛やビタミン、そして精力増強や精子の生成を促す作用があるアスパラギン酸が含まれています。

3.牡蠣
kaki牡蠣は男性ホルモンの代謝を促す亜鉛が多く入っており、鉄分やタウリンにより、精力増強、性欲回復が期待できます。

4.ゴマ
goma滋養強壮の効果が高く、男性の悩みに限らず広く栄養ドリンクなどで使われ地ます。特に勃起不全(ED)の解消に効果を発揮します。

5.うなぎ
unagiこちらも夏に良く食べるかと思いますが、ビタミン類や亜鉛が豊富に入っており、精力回復や、精力増進効果を持っています。

6.山芋
yamaimo意外と思われるかもしれませんが、山芋は滋養強壮効果があり、またホルモンを活性化させる働きがあり精子を作ることを促し、さらに勃起力も高めます。

7.にんにく
ninikuこちらもスタミナの代表格ですね。精力増強、性欲減退時に摂ると即効性も高く勃起効果は高いです。

精力回復は生活習慣や運動も大切

普段の食事では亜鉛の過剰摂取による副作用はほとんどないのですが、精力サプリを摂取することで、胃腸障害や腎障害など内科的疾患をおこす場合もあるようですし、逆に免疫力を低下させることもあります。

また、サプリは手軽に摂取できることから、大量にとってしまうことがあり、一時的な急性中毒症の可能性がありますから、食事を中心にお考えでしたら、サプリの量は控えめにしたほうがいいでしょう。

精力をつけるためには、他にも規則的な生活で睡眠をしっかりとって、疲れやストレスをためないようにすること、毎日、軽いジョギングや散歩で身体を鍛えることも必要です。

精をつけるには、亜鉛などの必要成分を摂取するとともに、日常生活の中で栄養や運動、休息に注意し、健康な身体を作ることが大切であるようです。

タフでエネルギッシュな精神と身体を目指して、一歩一歩改善していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加